WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレートのレビュー - シニアの情報商材アフィリエイトのブログ

WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレートのレビュー

今回は、「WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート」
について書いてみます。

WIKIの仕組みで稼ぐ方法の特商法に基づく表記

販売者名:野口企画
所在地:和歌山県新宮市野田8番34号2番
電話番号:05035981430
(電話でのお問い合わせ対応は致しておりません)
メールアドレス:support@wwwwwwww.link
販売URL:http://wwwwwwww.link/www/
販売価格:先行販売価格24,800円
通常価格は、31,800円になっています。
 

WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレートの内容

動力源となる自動化の流れ
1.自動化の仕組みの元となるシステムをレンタルする
2.システムの設定を行う
3.キャッシュポイントの設定を行う
4.データーの確認とメンテナンス
 
CWS本体の設置設定の流れ
1.システムの設置設定を行う
2.WEB上からデーターを収集して、挿入していく
3.動力源となる仕組みと連動させる
CWS システム一式
 
CWS システム設置設定マニュアル
 
CWS Power Source構築マニュアル
 
CWS 構築マニュアル
 
CWS FREEサポート30日間

WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレートの感想

「自分でウィキペディア(Wikipedia)サイトを作って運営していく」というものです。
 
 
Wikipedia最大の特徴は「自分が記事を更新しなくても、第三者が勝手に記事を更新してくれる」というところです。
 

・誰でもWikipediaを自由に更新できる。

・広告は一切なく、寄付によって運営している。

・Wikipediaの大部分は「ボランティア」である(勝手に記事を更新してくれる)

・検索エンジンに評価されやすい。



今回レビューする「WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート」(CWS)を駆使することで、
自分でWikipediaサイトを1から構築できるようになるので、
キャッシュポイント部分が寄付ではなく広告を貼ることで収入が得られる。



通常のWikipediaサイトとは違って、



・誰でも自由にWikipediaをに更新できる。

・自由にアフィリエイトや表示されただけで広告等が貼れる。

・Wikipediaの大部分は「ボランティア」である(勝手に記事を更新してくれる)

・検索エンジンに評価されやすい。



ということになります。


一度Wikipediaサイトの基盤さえ作れてしまえば、 後は第三者が更新してくれて 広告を貼って稼げます。

 

向く人、向かない人

コピーライティングが好きで単純作業が苦手な人、好まない人には、
あまり向いてないノウハウかも知れません。


なので、どちらかといえば淡々と作業をこなすのが得意な人には、
向いているのではないかと思います。



「単純作業のみで戦っていける」のは、メリット“でもあります。

少しずつコツコツと作業が出来る人なら 確かに結果も伴ってくるはずなので、
買ってみてもいいのかと思います。

 

セールスレターはこちらです。
WIKIの仕組みで稼ぐ方法とテンプレート
 
 

 

無料メルマガ始めました。

 

メルマガ登録はこちらから
 ↓  ↓  ↓

お名前
E-Mail


スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント